tefuri

ノンタッチでコンピュータ操作ができる超小型認識モジュール
低コストで導入可能なオールインワンタイプ

  • HOME
  • tefuri|モーションキャプチャーモジュール

モーションキャプチャーモジュール [ tefuri ]

「tefuri(テフリ)」は、ノンタッチでコンピュータ操作ができる超小型 認識モジュールです。
人の手などの動作をコンピューターに認識させることができ、ディスプレイに非接触でも手の振りや動きをトリガーにして、
画面を遷移(スワイプ)させたり、決定・キャンセル、映像の音量調節や早送り・巻き戻しなどの操作が可能です。

モーションセンシングの活用で、画面に触れることなく機器の操作が可能です。様々な検知機能をモジュール内に搭載しており、別途ハードウェアやソフトウェアが不要です。

対応する動作はタッチやスワイプだけではありません。「掴む」「離す」「まわす」といったさまざまなハンドサインを認識することができ、操作意図に合わせた展開が可能です。

モジュールは、赤外線カメラに検知・検出機能を搭載しているオールインワンタイプ。複雑な接続を必要とせず、PCにUSBケーブルを差し込むだけで、簡単に使用することができます。

[ tefuri ]利用シーン

自動車に搭載されているナビゲーションやオーディオなどの操作は、ハンドルから遠く手を離さなければならず、脇見運転事故の原因になる可能性があります。しかし、本製品をドライビング補助ツールとして開発することで、機器操作の負荷を軽減し、脇見運転の防止や安全運転に役立つことが期待できます。

ドライブスルーによる注文は、声が聞き取りづらかったり、車体と注文票との距離が遠く身を乗り出す必要があったり・・・利用者のユーザビリティにおいて、不満を解消しづらいサービスです。注文パネルに本製品を採用することで遠隔での操作が容易になり、利用者の満足度向上につながる可能性があります。

小売店・飲食店では、AR(拡張現実)やQRコードなど、さまざまな方法で集客や販促につなげるためのプロモーションを行っています。例えば、本製品を採用して特定のポーズやハンドサインをトリガーにクーポンの配布を行うことができます。ユーザーの関心を惹きつけるなど、広告効果も見込めます。

様々な用途に応用が可能

独自の信号処理技術をベースにして、認識モジュールで捉えた対象物の動きを認識して、結果を出力します。対象物の動きをスイッチのトリガーにでき、さまざまな用途へ応用することが可能となります。また、内蔵するマッチングパターンを変更することで動きをとらえる被写体をいろいろと変更させることが可能です。

対応アプリの開発が容易

超小型モジュール内で検出処理を実施し、ホストは結果を受け取るだけですので、アプリケーション開発が非常に容易になります。
インターフェイスは2線シリアル+電源/GNDの4線のみでホストシステムと接続できます。

[ tefuri ]使用イメージ

①PCとtefuriを接続

②センサーに認識させます

「ハンド」認識結果例
※モジュールからは認識結果の数値のみ出力

③認識結果反映

各種アプリケーション

システム構成図

動作環境

品名 ジェスチャー・モジュール
外形寸法 W32mm x H14mm x D8mm
品番 ERD-01-G
重量 約6g (ケース含まない)
電源 5V
消費電力 最大400mW以下
通信サポート USB/UART
外部入出力 電源 2線:VCC (5V)、GND UART 2線:TxD (3.3V)、RxD (3.3V)
使用ドライバ LibUSB win32 1.2.6
検知距離 約50cm
センシング可能エリア センサ前面中心から対角度73.70度 センサ前面から距離50cm以内
検出速度 一秒間に約30回以上
提供SDK 有り(必要情報を取得するためのAPI群)
SDKサポートOS Windows 7/8.1/10、Linux、Android(開発中)
指の本数カウンタ(0本~5本)
指先のXY座標
指先の輝度(Z座標に相当)
フリック動作検知(左右)
回転動作動作(右・左周り)
撮像画像取得
手重心のXY座標
手重心の輝度(Z座標に相当)
手の向き
手輪郭のXY座標
手の面積
手を囲む短形
近接検知(手を近づける)
進入/進出検知